〜これから一人暮らしや引越しをお考えの方へ〜

<はじめに>

始めて親元を離れて一人暮らしをする方にとっては便利な情報や、前もって知っておいた方がいいこと、または引越しにおける注意点や部屋探しのコツなど、一人暮らしやスムーズな引越しを実践してい方に向けて、お役立ちコンテンツを紹介しているサイトです。

<部屋探しの第一歩>

部屋探しの第一歩と聞いて、どんな事を思い浮かべますか?

不動産会社に足を運ぶということを思い浮かべる方もいるはずですでしょうし、もちろん多くの物件の情報を持っている不動産会社に足を運ぶ事はとても重要です。

しかし、ただ足を運べば良いというものではありません。

例えば、あなたが住みたい部屋に対して何の希望もなく、部屋探しをしていたとしましょう。そんな状態では、さすがの不動産会社でもどのような部屋を提案すれば良いかわからなくなってしまいます。

このような事態を避ける為にも、部屋探しを行う際には自分自身の住みたい部屋の希望条件をまとめておく事が大切です。

希望条件を伝えると、不動産会社はそれに沿った物件を探してくれますが、全てをクリアする物件を見つけるのは難しいかもしれません。多少の妥協は必要になるかもしれない事を、念頭に置いておきましょう。

また、最近ではホームページでも部屋探しが行えるようになりました。不動産会社に足を運ぶ時間が無いという方は、こうしたホームページの利用をオススメします。

<上手に引越しをするコツ>

上手に引越しをするために「引っ越し業者」と「処分業者」の活用法についてお話したいと思います。

まず、引っ越し業者の活用法についてですが、一番重要なことは安心してお願いすることができて、コストを抑えることかと思います。そこでまず、インターネットで引っ越し業者を調べることから始めますが、多くの方が「アリさんマークの引越社、アート引越センター、日本通運、サカイ引越センターなど」いわゆる大手業者の中で選ぶ方がほとんどかと思います。

実際に、多くの口コミサイトで業者比較されています。しかし、やはりみんなが知っているだけの広告宣伝費をかけていますので総じて金額は高くなります。そのため、私がおすすめするのは複数の業者から一括見積もりをとることです。

大手業者は知名度がありますので何となく安心するという気持ちはわかりますが、中小業者だからサービスの質が悪いということもなくそこまで大きな違いがあるとは限りませんので、複数の業者から見積もりをとって一番安い金額を提示させるのが費用を抑えるコツと言えるでしょう。

(この方法に関してはこちらのサイトに詳しく紹介されていますので、ぜひ参考にしてください→引越しセンターの口コミ・評判ラボ

つぎに、引っ越し作業をしていると必ず出てくる不用品。その不用品を処分するには二つの方法があります。「売る」か「捨てる」かです。売る場合は、数が多ければ「キンブル」のような買取業者に依頼をして部屋ごと見積りをしてもらい、ものが少なければ直接持ち込みましょう。

電化製品などは5年経っていなければほとんど売却可能ですので一度聞いてみる価値はあります。次は、捨てる作業ですが、自分で大量のごみを処分するのは大変。地元の処分業者(個人でやっている人が多い)にお願いをすれば非常に安く、しかも自分で整理したごみの運搬までしてくれる親切な業者もいます。

とにかく、引っ越しをする場合はいかに安く、安心にお願いできるのが一番大切です。大手業者や広告に惑わされないで地元業者をうまく活用しましょう。

部屋探しを行う時期 物件探しについて インターネットで部屋探し
不動産情報誌で部屋探し 希望条件をまとめる 最高の部屋の条件を押さえて部屋探し
部屋探しにおける絶対条件 一人暮らしのメリットとデメリット 不動産会社選び
発生する様々な費用 女性の一人暮らしの部屋探し 家賃の交渉方法
入居申し込みの注意点 入居日に必要なもの 家電製品の選び方
一人暮らしの引越し方法

おすすめリンク1おすすめリンク2おすすめリンク3


Copyrights (C) 2013 一人暮らしのための引越し・部屋探しのコツ All Rights Reserved.